読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国で充実したオタク生活を送りたい

韓国在住でオタ友の輪を広げたいオタクの呟き

韓国でも絶賛上映中!劇場版「黒子のバスケ」LAST GAMEを見に行って来た。

こんにちは。renzです。

その気になれば間を開けずに記事を書けるものですね。
まあそれもネタがあればこそなんですけど。


さて今回はタイトルにもなっている、劇場版「黒子のバスケ LAST GAME」を見に行って来ました。

今日本はゴールデンウィークですが、実はこちらもゴールデンウィーク。
一週間、娘も学校がまるっとお休みになるのでどこに行こうか考えた挙げ句、ゴールデンウィークの初日は娘と二人で映画を見に行くことにしました。


「黒子のバスケ」が上映中だということは知っていたので、娘に話してみると二つ返事でOK!
とりあえず、旦那にも行くかどうか聞いてみましたが、当然のように「行かない」と言われてしまいました。

はなから返事はわかっていたのですが、一応聞いておいた方が良いと思って聞いてみときました。
連れて行かなくて良かったです。
オッサンはひとりもいませんでした。
強引に連れて行かなくて良かった(笑)

多分満席ということはないだろうと踏んで事前予約はせず、映画館について映画のチケット代を支払ったら2本のポスターのプレゼント。
そんな粋なこと、韓国の映画館であるなんて予測していなかったため喜んで受け取りました。

ランダムにもらったものだったので、運が良ければ推しが当たるようでしたが、私たちがもらったのは火神と黄瀬のポスター。
せっかく貰えるんなら私は青峰、娘は黒子というラインナップが良かった。

ちなみに私、「黒子のバスケ」は完全にアニメ派なので、原作のエンディングとかよく知りません。


それでも「LAST GAME」というタイトルに惹かれて行ってみたんですが、まさかその意味での「LAST GAME」だったとは…。
すでにご覧になった方はご存じでしょうが、「ちょっと待ってよ!」という終わり方でした。
何というか、完全に置いてけぼりになってしまいましたよ。ほんと。
二次創作的には、あの後ぜったいどれかのキャラが追いかけて行くに違いないと完全に歪んだ視線で見ておりました。

2月に「ソードアートオンライン」の劇場版を見に行った時は、中高生男子で賑わっていたので、今回も同じ客層を想像していましたが全く違っていたのでびっくり。
映画館には、大学生から社会人の女性しかいなかったのです。

絶対、彼女たちは韓国の腐女子だったに違いありません。
はっきり尋ねるわけではありませんが、あの独特の雰囲気が感じられる女性ばかりが見に来ていました。

国を超えた仲間との一瞬の出会い(笑)。

ただ、個人プレーの人が多かったのにも少し驚きました。
韓国でオタ仲間探すのって難しいんでしょうか?

そんな私も韓国でなかなか仲間ができず苦労していますが。

それでもって、上映中の他のポスター見てたら劇場版「黒執事」も上映中でした。
ANIPLUSでもよく放送されていたので、韓国でも人気があるんだろうと思ってましたが、やっぱりやってるんですね~。

ちなみに、「聲の形」も上映間近なようです。

結構コアな日本のアニメ映画も上映されることがあるので、これからも情報を見逃さないようにしないといけませんね!

同人誌即売会に行くよりは、簡単に情報も仕入れられるし時間もかからないので、アニメ映画を見に行くのは私にはぴったりなオタク満喫タイムになりそうです。