読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国で充実したオタク生活を送りたい

韓国在住でオタ友の輪を広げたいオタクの呟き

2016年2月22日!ついに韓国のジョジョオンリーに行ってきた!

2016年2月22日(日)は、私のひっそりとした韓国での同人活動の記念すべき日となりました。

 

その記念すべき日にあったのは、韓国で開催されたジョジョオンリー。

 

その名も JOESTA 2016。

 

 

私はついに、

 

 

韓国の同人誌即売会の会場で入場をすることができましたーーーーっ!!!

 

 

いやったーーーー!!!!!!

 

2月下旬にさしかかった時期だったとはいえ、まだ寒さの厳しいソウル。

その日も寒さは結構厳しく、会場までの道が異様に閑散としていた上に、予想より歩くはめになったりと、入場までの道のりがとても険しく感じられました。

 

しかし、会場に到着した私はついに入場を果たすのです。

 

f:id:timescale:20160224220129j:image

 

予想以上の一般参加者の人数にも驚かされましたが、それより驚いたのが、以前一般参加しようとして入場できなかった、同人誌即売会ではちらほら見かけた「ちょっと年のいった参加者」が全くと言っていいほどいなかった!!!ということでした。

 

全くというより、正確に言うと「年のいった一般参加者が、私しかいない」大変有り難くない現実にさらされることになりました。

 

日本では有り得ないこの状況。悲しい現実。

 

ジョジョが始まったのって、25年くらい前でファンの年齢層も幅のある日本とは違うな〜と肌で感じました。

 

一人で参加者の平均年齢を大幅に上げながら、行列に紛れて無事入場のスタンプを押してもらいました。

 

会場の中はすでに参加者でパンパン。日本の公立小学校にある体育館の半分くらいの広さほどの会場だったので、そんなに広くもない会場。若干息苦しさを感じながらも、勇気を出して予約していた作家さんのブースへ到着。

 

やだ、もうこんな美人さんが描いていらっしゃるのーーー!!!と内心興奮しながら、厚かましく握手までしてもらって、目的の薄い本を無事手に入れました。

 

ただ、この辺ですでに私の中では

ほぼ「ミッションクリア!!!」してしまっていました。

我ながら早いです。

 

何しろ、オンリーなんて何十年ぶり!?な浦島太郎状態で、しかも私がいる会場は日本じゃないわけです。すでこの時点で私のライフポイントはあまり残っていませんでした。へろへろですよ。自慢じゃないですが、基礎体力も低い方です。

 

韓国の同人誌即売会では、イベント前に欲しい本は作家さんに予約しておくのがルール。今回の私の場合、作家さんどころかサークルもよく分からない状態だったので、何とか1冊だけ予約できていただけでした。なので、それを手に入れた時点で他はもう買えないだろうしな〜という気持ちもあったのです。

 

ただ、どんどん増える参加者を横目で観察、本はダメでも他のアイテムは買えるかもしれないので、チラチラ見て回っていたら、予約無しで購入している人が目に飛び込んできました。

 

そうです。

余りが出そうな場合、予約無しでも買える場合があるということなのです。

 

単純なもので、買えそうだと思うと急に積極的になる私。ライフポイントもちょっと復活。

大した韓国語も話せないのに、予約無しで買えるか聞いて回って、ついに1冊予約無しで購入成功しました。

 

「イベントパンフレットと戦利品」

f:id:timescale:20160224215354j:image

 

その間、私の目を楽しませてくれたのは、会場に飾られたスーパーサイズなジョジョキャラ ポスター。当然といえば当然ですが、非常に完成度の高いイラストばかり。ぜひとも写真をと思ったのですが、周りを観察してみても写真を撮っている参加者がいない。

ビビリの私は、スタッフに撮影可能か聞くこともできず写真に収めることはできませんでした。これはかなり心残り。

 

会場内は想像を絶する混雑ぶりで、スタッフの方々が鬼の形相でマイク放送されていたのがあまりにも印象的すぎて、怖くて何も聞けなかったのが正直なところです。

 

イベントは午後5時まであったのですが、そんな時間まで居座る体力も時間もなく、会場に滞在したのは約1時間と短い時間でした。でも韓国のオンリーイベントを体験するという上では、とても満足できる1日となりました。

 

次はコミックワールドのイベントを狙っていますが、今のところ行けるかどうかは未定です。