韓国で充実したオタク生活を送りたい

韓国在住でオタ友の輪を広げたいオタクの呟き

韓国のコンビニにもあったらいいなコラボ商品

日本に帰省するたび「いいな」と思う、アニメや漫画とお菓子やジュースのコラボ商品。

 

進撃の巨人とローソンがタイアップしたてコラボ商品を販売していた時は、燃えたぎった記憶があります。

その時の私の貴重な戦利品。数年前の商品です。

兵長ブックスタンド

 

f:id:timescale:20160214150151j:image

 

 今年のローソンは、Ingressともコラボするんですね。ローソンがポータルなら無駄にローソンに通う人が増えるのかもしれません。あ!それを狙っているのか!

 

日本に帰省した時、一番行くのがローソンなのでついそこのコラボにばかり注目してしまいがちです。

さて、ここ数年での日本のコンビニで当たり前のように開催されている、アニメや漫画とのコラボを海外在住のオタクたちがどれ程羨ましく思い、指をくわえて見ているのか簡単に想像できますが、これ日本以外の国ではきっとありえないんでしょうね。

 

他のアジア圏にあるコンビニ事情はリサーチしていないので割愛するとしますが、韓国のコンビニでアニメや漫画のコラボはありません。

韓国のコンビニは日本と同じような品揃えではありませんが、ヨーロッパのコンビニに比べたら品揃えはかなり日本に近いと言ってもいいと思います。お米の文化なので、おにぎりもあります。これは非常に有難い。

 

ただ悲しいことに、コラボ商品といったキャンペーン的なものがありません。もちろん、バレンタインやクリスマスといったイベントの時にはそれに合ったキャンペーンはあるのですが、そこにはアニメや漫画の要素が含まれたことは私の知る限り、ただの一度もありません。

 

アニメや漫画が好きなコアなファンや、少年少女に馴染みのあるアニメや漫画のキャラと韓国のコンビニがコラボしても、それ程売り上げに効果が見込まれないということなのでしょうか?

それとも日本と韓国のお国事情で、あまり日本のアニメや漫画を取り扱うことは避けたいという思惑があるのでしょうか?

 

でも後者が理由である場合、子供向けのおもちゃも販売を控えないといけないだろうし、最近では人気の妖怪ウォッチが商品化することもないはず。

 

こちらは、2015年の年末ごろに発売された妖怪ウォッチのティッシュです。

http://www.sisaweek.com/news/photo/201510/55561_36947_1359.jpg

 

もちろん、公式とライセンス契約をした商品なので、大型スーパーなどで購入できます。ティッシュの質にもこだわっているそうなのですが、残念ながらティッシュにジバニャンたちのプリントがありません。日本で発売されるキャラクター系のティッシュには、あって当然のプリントが無いところがとても惜しい。コストとかの問題なんでしょうか。

 

また、妖怪ウォッチの菓子パンも発売中。

https://pbs.twimg.com/media/COh6mJlUAAA9FAi.jpg

 

 

こんな感じで、じんわりと日本のアニメ作品は商品化されています。少し前までは、ONE PIECEの菓子パンもありました。

あと、LINEの公式スタンプキャラの菓子パンも発売されているので、コラボやキャラクター商品が全く販売されないというわけでも無いんですよね。

 

ただ、見てお分かりかとは思いますが、商品に使用されているキャラクターは子供向けか、LINEスタンプの公式キャラクターのような一般的にも支持されているものでしか、商品化されていません。

 

となると、やはり色んな年齢層のお客さんが来るコンビニに、特定のお客さん向けのコラボ商品を置いてもヒットしないので、売り上げにつながらないからやらない。という考え方が妥当であるという残念な結論が出ました。 

 

日本のコンビニの場合は、そこの特定層にターゲットを向けても売り上げに繋がるということなので、社会全体にアニメや漫画が浸透しまくっているということなんですよね。羨ましい限りです。

 

韓国のコンビニも、いつか特定層のお客さん向けにアニメや漫画のコラボやってくれないか、願掛けしまくっています。

未開拓な部分なので、案外当たるかもしれないアイディアかもと密かに思っています。

殆ど訪問者がいないに等しい当ブログですが、初めて読者の方から反応を頂けました。めちゃくちゃ嬉しいです。どうもありがとうございます!

あまりにも、ぼっちオタクが寂しくて始めたブログなので、少しずつでも読者の方と交流が持てるようになれるよう精進したいです。